ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックワードに気をつけろ
あっと、廃仏毀釈絡みで、もう一つ大事なことを書き漏らした。

私が、研究例や論文の検索を失敗していたように、
「廃仏毀釈」みたいなキャッチーなコトバに囚われると、本質を見逃す。

「新自由主義」にしても「グローバリズム」にしても、それら自体が独立に存在して害悪をまき散らしている、というと実態から離れますよね。一見説明できているようでいて、説明した気分になれるだけ。なぜなら、竹中平蔵サンがいっているように、「厳密な意味での市場原理主義者は、少なくとも政治家や官僚などの中には居ない(いたとすれば、自分の仕事をハナから否定するサボり人間だ)」のだから。いわば、実体を持たない存在に責任を転嫁しているに過ぎない、と私には見える。
まるでヒトガタ(人間の姿に切り取った紙)を依代にして厄災を流す「流しビナ」の儀式を見るようだ。

厳密に世の中で起きている現象を見ていこうとすると、それらの「概念(あるいは行動原理)」が、社会の構造、あるいはもっと大きな意味での「原理」の歪さと相互作用し、ある局面において害悪となる場合がある、という視点が大事です。

巨悪は、陰に隠れています。私たちが意識しない「正当な理由」に隠れて!
それを、今年は描き出したいと思っております。
スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
サヨクとウヨク
ああ、これは良くわかりますね。
サヨク(…とされている側)とウヨク(…とされている側)の罵り合いとかがそんな感じかと
ウヨク(…とされている側)はサヨク(…とされている側)を過剰な理想主義者でマルクス絶対信者に仕立てあげようとするし
サヨク(…とされている側)はウヨク(…とされている側)を血も涙もない弱肉強食の軍国主義万歳人間と見みなしますし

ちなみに竹中さんが大臣を辞めたらアメリカの大学に就職が内定しているらしいからスパイだという説が5年位前に巷間に流布してましたがあれはどうなったのでしょうか?
一時私も少しは信じかけましたけど(自爆)

【2009/01/11 23:57】 URL | きなぞう #- [ 編集]

右翼・左翼のコトバが実体を持っていたころ
きなぞうさん、コメントありがとうございます。

今では、例えばワタシのような存在によって、ウヨク・サヨクの定義が訳わからなくなってきておりますが(爆)、
たぶん、1960年代あたりまでは、実効性のある「使える」コトバだったのでしょうね。
当時はまだ、今のような意味での右・左の混線がなかったですから(日本限定?)
ただ、実態を持つコトバだったからこそ、単に右翼・左翼というコトバが生に使われることがなくって、より細分化されたレッテルを日常的に使っていたような……。例えば、国家主義と民族主義とが、はっきり別ものと説明されていたように思います。

その意味では、大きいくくりのコトバで描写しているわけで、「それが広い概念なのだ」と弁えていれば、いい傾向なのかもしれませんが、いつのまにやら、政治スローガンに近くなっているような(苦笑)

竹中センセは、色々噂が立ちましたね。モルガンスタンレーからご褒美がもらえたとか(笑)。
ワタシはこの説が出たときあっけにとられてました。あまりに分かりやすい構図で、とても「陰謀」に聞こえなかったので。
陰謀なら陰謀らしく、マジョスティック12とかみたいな秘密機関を介在させるとか、演出してもらわないと(爆)
【2009/01/14 23:37】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/642-810a4f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。