ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンマ・ミーア!
映画「マンマ・ミーア!」を見てきました。
アメリカ映画界のというのか、欧米のショービジネスの底力を余すところなく見せつけてくれました、「圧倒的」というのは、こういうものを言うのでしょう。

物語の筋自体はタアイもないのです。
母ひとり子ひとりの家庭の、娘さんが実家の家業を手伝うことを前提に結婚する、その式の前夜から当日に繰り広げられる話で、ただ、式でエスコートしてくれるように、と、父親の可能性がある3人のオジサンへ式に来てくれるよう招待したら、3人ともが、「自分が父親だ(多分)」と”自覚”してしまい、花嫁も母親も混乱してしまう、というあたりがハラハラしつつも、微笑ましい。

母親と悪友の3人組が、昔はロックグループの追っかけをしていた、そのノリを今もしっかり守り抜いていて、骨太な声でガッツンガッツン、アバの曲を歌い踊る……、少なくとも40歳を越えている(役柄上。実際にはもっと年齢が上なのだから、さらにスゴイ)女優さんが、ポーズ決めまくりでガナッテいる、いやハーモニーもしっかり決まっている。プロの技+気合い+味……。俳優陣のそういう地力で、100分以上も物語を引っ張っていく。いくら日本の映画が繊細に仕上がっているといっても、この境地、そして俳優陣の層の厚さは真似できないだろうな、と呆然としてました。

中でも圧巻だったのは、「Dancing queen」を歌ううちに島民の女性が50人くらい勢揃いする場面。海の青さも含め、この場面だけで映画を終わらせてもいいくらい、
参りました。

けれど、参ったとまで感じるのは、私だけなのかな。
四日市の109シネマで見たのですが、シアターには20人程度しか入ってませんでした。この人数、実は「グエムル」の時より少ないので……。
スポンサーサイト

テーマ:ミュージカル映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/659-2b2fde99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。