ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメが減っている……
毎日新聞配信のニュースでそんな記事を見るまで、ウカツにも気付かなかった。

1990年頃に比べ、50~80%も個体数が減ったと見込まれる、との調査結果が出たのだという。1960年代に比べて90%減とされているから、1960年から1990年頃までの30年間よりも、最近15年くらいがより激しい、ということになる。

確かに、ここ10年くらいで急にスズメを見なくなった。特に朝方、出勤時に聞いていた愛らしく軽やかなあのさえずりを、なかなか聞けなくなったように思う。
代わりに私たちの生活圏で増えたのは、……この10年の間に引っ越したから単純な比較は成り立たないのをわかっているけれど、……
カラス、セキレイの類、あとウグイスもよく来るようになったように思う。
このような勢力の入れ替わりは、鳥類にとっての環境が変ったことを示唆しているだろう。
私達を取り巻く環境が、ここ10年ほどでまたも急激に変りつつある、それは確かなことなのだろう。。。公害や農薬汚染あるいは、宅地開発の急激だった約30年前と違って、何が侵された結果なのかが見えにくいだけに、薄気味悪い。

もちろん、鳥インフルエンザの類のような伝染病の流行も、考えられなくないが……。
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/665-ab317234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。