ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公用収用のルール
去年四月にも書いたことがありますが、
公共事業にかかるお金のうちで、ばかにならない部分として、
 用地買収、広い意味での営業権補償という、工事に入るまでの下準備の段階があると思われます。
 4月に書いた私の父がかつて遭遇した一件(京都市内での工事に伴う営業権補償-具体的にいうと工事の騒音・振動の補償で、異様に事態がこじれた)のような、営業権の問題や、

 耕作放棄地の買収が、やたらと高値になってしまったり、
 あるいは、入会権・漁業権などの補償が、無ルール状態での交渉となるため、地元政治家などが跳梁跋扈し、どんどん値が吊り上がる
(意夢僧 華衣差さんのBLOG「言わせていただく」の記事「信じてもらえない真実」に詳しいです)
といった、闇の部分があるわけです。
皆さん、事実関係として半信半疑になられるかも知れません。
また補償を求める側の方からすれば、死活問題であるので、言いがかりと感じられるかもしれません。
しかし。
○○○など、非合法的組織関係者(伏せ字をお許し下さい。私も命に関わるので)からはじまって、政治家・弁護士サンまで含めて、
ここぞとばかりに殺到し、エージェンシーとなって、お金をどれだけ取れるかが力の見せ所とばかりにがんばってしまうという事実が、残念ながらあるのだと思います。

このようにして、都度に交渉が行われ、極端な話同じ工事での、同じような補償交渉で、補償額が間に入ったエージェンシーによって違ったりする不公正も起きるわけです。
しかも、それが「行政府の無駄遣い」というよりも、行政府の丼勘定に利害関係者が群がっている、という構造的問題が真因であるので、よけい厄介な話です。

この闇を払うためには、
やはりルールを作っていくよりありません。
 ・所有とは何なのか?(入会権、漁業権、取水権も含め)
 ・事業価値の換算ルール(営業権補償の場合に、必要)
 ・そもそも何を「補償」するのか
    ……お金で補償するのがいいのか、等価物との交換が筋なのか
    ……事業の価値で測るのか、資産の価値で測るのか
      (←「かんぽの宿」問題は、
          ここのルールに社会的な合意がないのでこじれています)
といった公正な合意・ルールが、我々の社会に不足しているのです。

リバタリアニズムの思想が発展する過程で、この問題を深く論じた本が現れているので(「公用収用の理論」リチャード.A.エスプチン 著)、一度腰据えて読んでみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/671-0ef0ac1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。