ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大慌て(磨崖仏またも海を渡る-序章1)
今年のGWも、韓国で岩面仏探査です。
今年のターゲットは、5箇所
 Bomun寺(Inchon市kanghwa郡Samsan面)
 Iwan山(Seoul市Seodemun区)
 Beokju寺如来椅像(cheungcheongbuk道Boeun郡Naesongni面)
 Seosan磨崖三尊仏(cheungcheongnam道Seosan市unsan面)
Taean磨崖三尊仏(cheungcheongnam道Taean郡Taean邑Baekhwa山)
このとおり、割と北西に偏って、かなりイナカまで回ります(面は、日本でいう村にあたる行政区画)。
安く上げるためにも、往路をフェリー、復路をInchonから飛行機と考えて、結構綿密に旅程を組んでいました。総移動距離が800kmを越えるし、バス便もダイヤが薄いところまで行くので(といっても、2時間に1本くらいはある。このあたりが韓国がバス王国である由縁)。
しかし、フェリーの予約が出発日の2ヶ月前から、ということで、日本から往復の切符
については、ようやく今日動きはじめたのです。
これが混乱の始まり。

去年に比べ、フェリー・飛行機ともに、予約が早いペースで入っているようすです。
ウォン安、恐るべし。

朝、関釜フェリーのHPで空席情報を確かめ(往路の途中で山口の磨崖仏を1つ見るつもりだった)、そのついでにと、帰りの飛行機の空き具合を日航、全日空と見ていったら……。青くなりましたよ、5/6は早朝の便しか残っていない。これは早く動かないと、とは思いつつ、お昼を食べてから、市内の旅行代理店へ。
すると、
 「うちでは、国際フェリーの発券を扱ってないんです」
そこまではいい。津のJTBに行けばなんとかなるから。帰りの飛行機だが、と言った瞬間「韓国からの帰りだけですよね。これは、航空会社の営業所へ電話連絡しないと扱えないのです。土曜日は午前で営業所を閉めてますので、月曜日にならないと」
ひょえ~。
 もちろん、この時点では、行きを飛行機でInchon入り、帰りをBusanからフェリーとする手は残ってた。が、5/5夜はInchon市内でモーテルを予約しているし、5/4は同じ市内のkanghwa島内でユースホステルの空きを、”あの”韓国YH協会(去年の経緯12参照-笑)に当たってもらっている最中だ。今からキャンセルを入れて宿を取り直すのも、しんどい。
といって、月曜まで放置すると、帰りの便を完全に失うだろう。
代理店からの帰り道、15分ほど歩くうち、往復飛行機を使おうと決断。
……というのは、ネットでも同様に、韓国からの片道の飛行機だけを予約できないから。

そっから大慌てでした。
航空券の斡旋をしているサイトを探し、残っている中からいちばん安くなるプランを探し(往復6.6万円、やっぱりエエ値段するわい!)、余計に泊まることになった4/29のSeoul市内で宿を探し……、さらに、旅程も組み直し。
幸い、Inchonを起点・終点にすることで、韓国内での移動距離・時間ともに減った関係上、日程がかなり楽になった。
が、この4/29の日程が、我ながら綱渡り的で怖い(汗)

中部国際空港-(アシアナ航空)-Inchon国際空港-(空港連絡鉄道 37分)-Gimpo空港
                     19:45
17:45                  20:30(見込)

-(地下鉄24分)-Shingil-(地下鉄8分)-Seoul駅-(地下鉄5分)-Chungmuro

-(徒歩15分くらい?)-Seoul International YH
             たぶん22時30分頃
             ちなみに、24時閉門
スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/676-d0d3bbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。