ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わるべくして終わる……
今日のニュースから。
大戸川ダム「凍結」 国交省発表 4知事意見受け
3月31日13時39分配信 京都新聞

やっと、大戸川ダムの工事について結論が出ましたね。

ダム新設を凍結して、宇治川本流にある天ヶ瀬ダムの再開発で対処するとの解は、一番合理性のあるところ。
第一、私の見るところ、大戸川にダムを設けても、瀬田川・宇治川の水量を支配するのは、第一義的には琵琶湖からの流出なのだから。

全国の人に判っていただきたいこと
それは、
大戸川にダムがもともと不要だったから、30年以上も着工されずにほったらかしになったのではなく、
その30年間、源流・上流域田上山の森をきっちり育て続けた、その結果として、ダムという応急処置に頼らずとも、なんとかなりそう、となっただけだということ。
しかし、その森の一部とはいえ、今度整備する県道とほぼ併走する新名神高速道の工事でズタズタにされた、という陰の事実も含めて。


今回は、偶然にも下流域の首長と意見が一致したからよかったものの、
淀川水系の水管理のために、滋賀県民が振り回されるのは、今回で最後にして欲しいと想う。
水質にしてもそう、流量の平準化にしてもそう、
何十年をかけて、上流域の水をキレイにしていくより解決法がないのだ。
都市に住んでいると、なんと悠長な、と思えるかも知れないけれど。


さらにいうと、本当の意味で、自然な姿に上流域の森が「自然」に戻るまでには、もう1世代かかるのでないか、と思ってもいる。
(今は松中心。その松がマツクイムシにヤラレはじめている。世代交代が先にできるか、食害でやられるか、どちらが先か、微妙ではあるが……)

と書いてみたが、このあたりのこと、最近どうなっているのかな、とふと気になる。

県道の付け替えが終わりきる前に、
この道 大石-信楽線だったかな?を歩いてみようかな、と思う。
県道の工事のみ、続行となったのも、私としては妙に気になる。
嘉田サンは、湖南地域の「車漬け」社会を煽ろうとし続けている。
この先いつまでも、自動車を自由に使える社会環境でもなかろうに……。

(この道がどんな道か、私もよく覚えています。かつて信楽でキャンプをしたとき、帰り道に使ったもの。観光バスで通ったから、かなり怖かった)
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
なるほど
数十年前の多羅尾あたりの壊滅的台風被害、ダム建設のために移住した人々の生活の変化とか地元出身の人から聞いたりしましたが、利水の必要性がなくなって、治水だけとなると費用対効果が問題になるのかなと、思ったりしてましたが、やっぱり森林でしたか。

嘉田さんの抱えるRD産廃処理のはなしの次は造林公社ではないでしょうか。
この問題も素人の私には魑魅魍魎で、ウエッブを読み流した時、白骨状態のあばら骨が浮き出た山々の写真を見た衝撃が、今回のダム不要化と結びついたとわかったというしだい。

彼女の学問的な著作を一切未読なのですが、ダムの過去の会議でのまだ若き美貌の彼女が発言する姿がTVによくでます。
しかし貴殿言われるように第二名神推進はじめ車には、熱心ですね。
JRの採算悪化を心配して新幹線新駅計画を廃棄し、撤退費にこれから40億円を投入することになるとか、人気とり的な場当たり県政になっているいるような気もしています。

まあ彼女の絶大な人気からするとあと何期か知事をやるのではないでしょうか。
大戸川ダムのようによい結果だけを望むのは、野次馬としては虫が良すぎるのでしょう。
【2009/04/03 10:33】 URL | 迎 秀昌 #- [ 編集]

Re: なるほど
迎さん、コメントありがとうございます。

> 数十年前の多羅尾あたりの壊滅的台風被害、ダム建設のために移住した人々の生活の変化

私が大いに不満を持つのは、このあたりの事情を知らずに、
単にダムがムダだからという理由で反対を気取る人が多いことです。
田中康夫氏が、この件を腐していましたが、
あの手の人は、自らリスクを取りながら漸進的に解決を探る、という手間を嫌います。
私自身は、多羅尾にも住んだことがないですし、
琵琶湖の異常増水が起きたときにも、湖岸に住んでいませんから、怒る資格がないのを理解していますけど、どうしても納得がいかず……。

……失礼しました。

こういう現実と向かい合いながら、折り合いを付けていく活動を50年の単位で、滋賀の人たちは続けているわけで、
そこに、私は敬意を持っております。

> 嘉田さんの抱えるRD産廃処理のはなしの次は造林公社ではないでしょうか。
> この問題も素人の私には魑魅魍魎で、

RD産廃の問題は、かなり深刻な方向に行きそうで、
私も、心配しています。
なんといっても、全容が判りにくいという点が、本当に不安をつのらせます。

(余談)
これには、嘉田知事、よろこばはりますよ(爆)

>まだ若き美貌の彼女

彼女の、現役知事とは思えないカワイイエピソードを読みましたので、
リンクを張ってみます。
http://lakesbooster.shiga-saku.net/e218383.html
「ゆきちゃーん!」
と呼ばれるなんて(卒倒)
【2009/04/09 22:02】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/691-6149b2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。