ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオは無法地帯ではない(北野誠氏へ捧ぐ)
サイキック青年団が、華やかにもてはやされていたころ、
学生だった私は、周りに流されるようにして、半年ほど聞いていた時期がある。

あのような番組作り、根拠を示さず噂だけを流して、芸能界の内輪受けなネタをそのまま流す、というスタイルが、気に入らず、耐えきれなくなって聞くのを止めた。
はっきりいって、邪道と感じたのだ。だから、以降10年以上彼の出ている番組は、一切聞いたことがない。

キダタロー氏をカツラだと茶化すくらいまでなら、シャレで済んだだろう(面識もあるだろうし、直接フォローもできるだろうから)。
解放同盟に喧嘩をふっかけたのも、ある程度は、事実に基づいていただろう(これだって、かなり誤解があったし、大阪でのことを誇張して、全国的な利権団体と言い切るのはオカシイけれど)

タブーに挑んだ、と本人たちは自負しているのだろうが、
根拠を示さずに、言いっぱなしが許されるのならば、だれだってできることだ。
周辺取材し、立論し、反響を確かめる(できればリスナー情報を求める)
これが、ラジオバラエティーの王道、いやリスナーへの礼儀だ。

リスナーが作った空気という面もあって、彼だけの問題でもないから若干気の毒だとは思うけれど、
彼は、サイキッカー達の間で教祖様になってしまっていた。




どのように、”教祖様”であったか
かつて、サイキック青年団の番組本で、
「アイドルの撮影会に来るカメラ小僧よ、君らの使っている望遠レンズはおちんちんと同じなのです」
と書いていたことがある。
ハシタナイと諫めているのか、と納得した。が、彼自身が、よくヌード写真集の話題とかをネタにしていた(山本リンダの件だけではない)
結局は、彼も「おちんちん」をラジオ番組で振り回していたのに、彼自身気付けなかったのだ。
客観視できない……安っぽい教祖様にアリガチなお話ではないか。

(確かに、深夜とはいえ、ラジオ番組で”フルヌード”なトークができるのは、カッコいいことではあるけど、自身が嫌うカメラ小僧と同じ次元であることに、気付けていなかったのではないだろうか)

教祖になって、ご託宣のように「真実」を流し……といってもその真実たるや、多くは偏見と噂との融合体に過ぎないのに……信じこませる、
このような雰囲気で、番組作りしていると、早晩「潰される」ときが来ただろう。

むしろ、15年以上、事務所に庇ってもらえたことを感謝した方がいい、と私は思うのだ。
スポンサーサイト

テーマ:深夜・バラエティ番組! - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/701-2f68763d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

言論の自由はあるのか?

タレントの北野誠さんが、2009年4月10日をもって、全ての出演番組から降板し、無期限謹慎処分となりました。彼が所属している松竹芸能は、現... 鳥居正宏のときどきLOGOS【2009/04/14 21:34】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。