ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアチェックとFMラジオ番組事情(磨崖仏またも海を渡る-取材雑記その2)
やっぱり、私って昔気質なのでしょうか。
CD店入っても、予備知識なしにはCDを買えない。だから、まずラジオで面白そうな曲を探すのを第一歩にしてしまうのです。
たとえ外国に行っても、そのやりかたが変りません。
そんなわけで、サン電子のTalkmasterを使って。ラジオを聞きながら随所でエアチェックを試みておりました。
まず、ターゲットにしたのが、KBSFMの長寿番組「ボリュームを上げろ」(放送時間は21時からの間違いだった)
これは、少しエアチェックに向かない、というのは、トーク中心なのだ。
聞き応えのあったのは、月曜日の午後にKBSFMでやっている番組。3時間くらいやっているゲストの歌手を迎えてのワイド番組で、そこでかかったLim Yeon-A(?)サンの「春の日が来た」」……今回歌手名と曲名とがともに聞き取れた、唯一の曲でした。

 * 5/20 もう一曲判明。Kang Kyung SungNicole(From KARA)の「Happy And」。2人とも声がのびのびしていて、いい感じです。
最初、”Happy and カン・ギュンソン”の「ニコル」という曲だと思いこんだので、検索をかけても行き着けなかった……、いやはやラジオでの聞き取りは難しい。

それにしても、韓国でラジオというのはアングラな雰囲気があるのでしょうか。
新聞にも、放送局のHPにも、番組表がないんです……。これが一番の難点で、本来聞きたかった番組を聞き逃しているんだろうなと思ってます。

【旅と音楽】
寝てるとき、磨崖仏の取材中、食事しているときを除いて、FMをずーと聞いていました。
大抵は聞き流しだったのですが、奇妙な出会いがあるもので……

「僕たちはもう恋人なのかい」
映画「春の日のクマは好きですか」のテーマ曲。春のホンワカした陽気に乗せると似合うという理由からなのだろうけど、去年の旅行に続いて2年連続で、放送でこの曲を聞くのはなぜだろう。6年も前の映画のテーマ曲なのに。
KBSのFM、12:20頃、バスでJincheonへ向かう中でラジオをつけたら、掛かっている最中だったから私も驚いた。

「音楽神 降臨」
BuyeoのBuso山にある、三忠祠……百済滅亡のとき主戦派で天晴れ戦死した3人の王族貴族を祭ったお堂の前にいると、ラジオで聞こえてきたのが、ゲストが生歌で歌う「We Will Lock You」QUEENの曲)
今では町のど真ん中で勇ましい銅像にもなっているGyeBaek将軍が、決死戦の前にこの曲聞いて気持ちを奮い立たせていた、というのは、Baekcheの失われた秘史のひとつ……
なわけないですけど。

改めて「We will rock you」の歌詞を見ると、まさにBaekche滅亡を目前にした戦いの光景が浮かぶようで、もの凄い偶然だったのだなと感じるのです。
3番なんてGyebaek将軍が手勢5000人へ下した檄のようです。

以下、3番の歌詞より

Buddy you're an old man poor man
Pleadin' with your eyes gonna make
You some peace some day
You got mud on your face
You big disgrace
Somebody gonna put you back in your place

We will we will rock you
We will we will rock you


哀れ老いし者よ
平らかな日の得んことを
そのまなこは願えども
顔にドロをつけられてるでないか
なんたる恥辱ぞ
者どもがかつて戦いし場所へ、戻る時が来た

者ども、奮い立て
者ども、目に物を見せてくれん
(以上、ぶっとび訳 デルタ)
スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント
2年後の追加情報
>Lim Yeon-A(?)サンの「春の日が来た」

正しくは、Kim Yeun-Aさん‥‥つまりロックバンド紫林雨のフロントボーカルの女性が歌っている、「春の日が来る」‥‥直訳するとたしかにそうなるのだが、映画「春の日は過ぎゆく」のタイトル曲でした。

思い出したときにしっかり補足しておかないと
【2011/10/21 23:29】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/711-c0f06076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。