ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の買ったもの
・小学生用の国語辞典
荷物を重くしたくない、ということでGanghwa邑を立ち去る直前に、Goryeo-Gyun(高麗宮)に登っていく道にある本屋さんで購入しました。
私「イルボネ、ハングッコ ルl コンブハヌンデ、サジョン ルl サゴ シpソヨ(日本で韓国語を勉強しているのですけど、辞書を買いたいんです)」
店のアジョッシ「sajeon yo?」といって出したのが、もの凄く細かい字で書いた日韓辞典(日韓の出版社が提携して出版している有名な辞書)。
それは日本でも買えるんだってば!という言葉はぐっと堪え、
「ハングッコ ルl ハンクッコ ウロ ッサヌン サジョン イッスムニカ(韓国語を韓国語で書いている辞書はありますか)」
「アー、Kukko-sajeon(国語辞典)!」となにやらニヤニヤして、数種類出してくれるのだけど、どれもオトナが使うもの。私には宝の持ち腐れになる公算大な代物……。
……わかってよ~、私の言葉の レベルを(苦笑)
結局さらにいくつか出してもらって、出てきた小学生向けのフルカラー版(Gyohwa社刊「カラー辞書 初等学生学習国語辞典」。W20000と値が張るけど、色鉛筆画風の挿絵も多くて結構楽しい。

 ・雑誌「Saram Gwa San(人と山)」5月号
日本でいう「山と渓谷」みたいな雑誌。Incheon空港の出国審査後、免税区域の書店で買いました。付録の地図帳が見あたらない、と店員さんが大騒ぎして探し回ってくれたのですが、こっちも搭乗の10分前、「Gwenchana-yo?(構いませんけど?)」といってそのまま帰った。山と渓谷より厚さが倍増、広告ページもほぼ倍増、おまけに全てグラビアページなので本当に重い雑誌です(苦笑)
山行レポート自体は、低山(日帰り登山)が多いのですが、岩の多い土地柄もあって、がっちりした靴を履き、ダブルストックを用いている人が多いのが、初見での印象です。

 ・直指の現代語訳本
  禅宗の教義を説明した14Cの注釈書が、現代韓国語に訳してあるものです。金属活字で印刷された書物で現存最古のものが、この直指の下巻ということがあり、著者白雲禅師の住持し、てこの書物が印刷されたHuendeok(興徳)寺の跡地である、古印刷博物館で購入しました。
(詳しくは古印刷博物館の項にて)

 ・地図帳……そういえば道路地図しかなかったな~。社会科の学習地図帳みたいなのが欲しかったので、今回はパス。

 ・天文雑誌……期待したのだけど、これも見あたらず。
スポンサーサイト

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/713-c2d3640a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。