ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheongju-夜の点景(磨崖仏またも海を渡る 都市列伝その1)
CheongjuのLottemartの7階にある、食堂街の軽食屋サンに入る。
窓縁にある店で、Cheongju中心地に向かって視界が開けていた。5kmいや7kmくらい先まで、町の光が続いている。

ちょうどご飯を切らした、ということで、カルグックスと肉饅頭とをたのみ、テレビを見ていると、野球中継をしていた。
ユニフォムに見覚えがある。白地にオレンジのネームが入っている。。巨人ー広島戦をSBSが放送していたのだ。
お客は、私を除いて、女性の2人組だけ。平日の20時過ぎ……閉店1時間前といったら、確かにこの程度のお客の入りになるだろう。
だから、TVを見ているのは、店主ということになる。
巨人に韓国からの選手が確かに来ている。
それだけではない、ヤクルトにも中日にも来ている。
だから、Nomo,イチローのころの日本のように、日本のプロ野球の中継を番組にしているのだろう。……しかし、日本がメジャーリーグを中継しているのと決定的に違う点がある。裏番組で、韓国のプロ野球の中継がある、という点だ。
市場原理からいうと、これもまさに「自由競争」だ。珍しいほどの、公平な「競合」だ。
 ……が、本当に見ていて楽しいですか?
危うく店主に聞きかけるところだった。

今日のこのカードだと、店主の知っている選手はたぶん1人だろう。
監督ですら、どんな人なのか、理解の外だろう。

しかし、ご店主は、広島の選手が打っては喝采し、巨人の代打が打っては「ヨシ!」とか声を出し、逆に広島の外野手がフェンス際でランニングキャッチしたのを見て、ウンウンと頷く。
要は、このご店主にとっては、いいプレーが見られたら、何でもいい、ということなのだろうか。
本来スポーツ観戦ってそんなものだったよな、と、ふと思った。

ちなみに、カルグックスと肉饅頭6個(日本でいう蒸し餃子。皮にほうれん草か何かの粉が混ぜてある)でW7500、ご飯を切らしていたから、ということでW6500 に負けてもらえた。
(取材地、Chungcheongbuk-Do Cheongkju市heundeok区Gagyeong洞)
 取材日 2009/4/30)
スポンサーサイト

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/720-830d98ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。