ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本太郎の壁画
渋谷駅の井の頭線乗り場に向かう渡り廊下に、
題名も掲げず、岡本太郎の壁画が飾ってある。
メキシコ市内の壁画群に加わって飾られるはずだった巨大壁画だ。

太い炎が、火柱として立つ。
その曲線の曲率にひとつとして同じものがない。
ゆらめき、枝分かれし、合流し
画面端に行き着く時には、あやかしく舌を出す顔となる。
火に焦がされ悶える人々
身がはじけ、骨まで焦がされるひと

しかし、炎の沸き立つ元は、あくまで中央の人になっている。

このようなしっかりした絵に、題名がいまさら必要だろうか。

あの日、あの場所で、新型爆弾が炸裂したのではない。
人が、炸裂させられたのだ。

20世紀日本での最大のヒューマニスト、岡本太郎は
はっきりそう見抜いていたのだ。
スポンサーサイト

テーマ:人生=ART だ! - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/725-acc7f2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。