ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(猛毒注意!)よーいうわ
首都圏域で配布されている、フリーマガジン「R25」が、こんな記事をYahoo!ニュースで配信しています。

ほんと呆れてモノが言えません

なぜか人口が増え続ける滋賀県のヒミツとは?
R256月11日(木) 12時 0分配信 /

滋賀県って琵琶湖のイメージくらいしかないんですけど…。
そうでしょうね、あなた方のような首都圏に住んでいてその特権に気付けないまま貪っている人には、
そんなもんでしょう。
私からも、お返ししておきます。

「東京というと、東京ディズニーリゾートのイメージくらいしかないんですけど……、なぜそんなところが首都なんですか?」

国立社会保障・人口問題研究所の小池司朗さんのコメントとして
「最新の推計では滋賀県の人口のピークは2015年で、140万6000人になります。全国的にみて出生率が特別高いわけではない滋賀県ですが、それでも人口が増えている要因の一つが大都市へのアクセスの良さ。京都まで約30分、大阪まで約50分なので、大都市で働く人が流出しているのでしょう。特に名神高速道路や東海道新幹線が通る草津市は、滋賀の中でも交通網が充実しており、人口の増加率上昇が顕著です」

はいはい、おかげさまで、新幹線が通るようになって40年以上経ちました。
今日も一日に250本以上の列車が、1本の例外もなく時速270km/hのトップスピードをぴったり維持したまま、見事に通り過ぎていってくれます。


世界中でこれほどの高速鉄道公害をまき散らされている15万人都市(草津)や30万人都市(大津)はないはずです。
この記事を書いた人は、新幹線新駅騒動すら知らないのでしょうか。

ほんとうに、滋賀県民をバカにした記事です。
スポンサーサイト

テーマ:関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

なんだか、短絡的な思考の記事に思えました。
しかも「滋賀県=琵琶湖」のイメージとは・・・・。

歴史を知っていれば、滋賀県というか近江国という土地が、史上いかに重要な土地かわかるだろうと思いますね。

余談ですが、私のような歴史好きからすれば、近江は超萌え国です。
【2009/06/11 22:02】 URL | 西郷一之介(kazu) #- [ 編集]


企業の側から見ると、関東近辺の県と違って優秀な人材が東京に流出しないというのも結構なメリットだと思うのですが…
天下のリクルートがその点を見落とすというのはちょっと格好悪いですね。

それに高速道路は新名神の開通もありますよね。
GWは東海・近畿を旅したのですが、高速道路網が発展していてかなり便利という印象を受けました。
【2009/06/14 23:32】 URL | オケアン #- [ 編集]


西郷一之介(kazu)さん、コメントありがとうございます。

>余談ですが、私のような歴史好きからすれば、近江は超萌え国です。

歴史好きの方だとそう言って下さるのありがたし(泣)
……ときどき、延暦寺や石山寺を京都にあると言い張る人や団体が出ますが!
って、私もシツコイ

ケント・デリカットさんが「ユタをバカにしないで(泣)」と口癖にされているのを思い出します(そのケント・デリカットさんも、楽屋では「ユタって実はほーんと何にもないんだよな……」とさみしそうにしてたとのこと。伊集院光氏のラジオでのトークより)
結局は、単純化しないと、R25のような速報系の報道では、ネタにならないからなのか
かなしいところです。
【2009/06/15 23:25】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


オケアンさん、こんにちは。
確かに天下の就職情報会社「リクルート」ならではの分析も欲しいところですね。
滋賀県内の大学を卒業した学生が、その先どのような就職傾向にあるか、とか、
それが県内に大学を誘致する前と比べて、どう変ったかとか、
興味深いケーススタディになると思うのですけど。

関東圏とは、かなり人の流れが違うと思います。
滋賀は関東圏でいえば、ちょうど川崎市のような立場と喩えると判りやすいでしょうか。

域内に結構大きな工場(滋賀だと東レ滋賀とか、三洋電機の洗濯機部門とか、NEC、京セラの部品部門とか)があるのだけど、それが県内での求人とは分断されており、県内の卒業生が外部へ平然と流出しています。もともと京都大阪のベッドタウンが主なので、外部に行くことに違和感がないようなのです。
ですので、通勤時間帯には、県外から働きに来る人と、県外に働きに出る人とで、上りも下りも混んでいる、という印象があります……ってこれは20年前のことですけど(汗)
【2009/06/15 23:27】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/736-dfa646c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。