ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジャギ(あるいは、Remixの可能性)
久しぶりに、自称「じゃーなりすと」らしく足で稼いだ記事を。

ポジャギという朝鮮の民芸があります。ちょっと民芸という表現がいいのか、正確にはわからないですが、民芸的な手芸といえばいいでしょうか。
端ギレ、あるいは着古した服から切り取った古布を縫い合わせて、風呂敷に似た用途の道具として用いるものです。
その技法の三重県で教室を開いて広めている先生がおられるそうで
今週の土曜日18日まで、作品展を開いているとのこと。

=====
「暮らしの中のポジャギ展」
◆日時:7月7日(火)~18日(土)9:00~ 18:00
 (最終日は17:00までの開催となります)
◆会場:松尾表具店・ギャラリースペース
◆住所:三重県津市一志町田尻70-4(近鉄大阪線 川合高岡駅 徒歩3分)

http://happytown.orahoo.com/matsuo-hyougu/
=====

三重県津市の一志町……といっても、津駅からは近鉄名古屋線から大阪線へ乗り継ぎ30分くらいかかる川合高岡駅の駅前。私もまったく勝手がわからない土地でしたが、駅にほど近いところなので、迷わず着けました。

ひとくちでポジャギといいましても、用途にあわせていろいろとあるようで、
 ・ちゃぶ台(?)に掛けておくためのもの(Sangbo:50cm角くらいでしょうか)
 ・衣服を包むためのもの(Totbo:かなり大きめ)
 ・布団を入れるもの(Ibulbo:厚めの布を合わせて使う、そりゃそうだわな、重量に耐えられない)
その他、小物入れ的な40cm角くらいのもので四方に帯状の布を取り付けたものがあります
これらのうち、Sangboと小物入れ的なもの、あと10cm角くらいの小さな作品を8点ほど展示されてました。

絹の一重または二重、木綿での作品があるのですが、
たとえ実用性の高いSangboであっても、「早く使いたいから」と実用一辺倒にざっくり縫い合わせるのではなく、
半針返し縫い(家庭科で習う一針返しと違い、表に戻った時に進んだ半分を引き返す縫い方ですね)を三回繰り返し、少し隙間を置いて、さらに半針返し縫いを繰り返す、という結構凝った運針をしています。
またパッチワークとは言いつつ、キルトに比べるとかなり自由度があり、使う布の長さ・幅もまちまちであっていいし、色の並べかたも作る人の感性次第、ということですから、まさにあれこれ布を合わせつつ、チマチマと作っていくこと自体が面白い、というものでないかと感じました。

私が訪ねたおり、幸い先生もおられて、いろいろ由来をうかがうことができました。
一度は韓国国内で廃れた手芸だったのが、外国の人たちに注目されだし、ここ10年くらいで復興してきた、とか。
端ギレを主に用いている関係から、韓服の色の流行に色遣いが左右される……、昔は原色の組み合わせだけど(下に書く図版では、確かにそうなってます)、最近では中間色が主になっている、とか。

ソウルにある博物館の分厚い図版もあり、それも拝見……。
古いものでは15世紀、このあたりだとさすがに素朴ですが、19世紀くらいの作例は、刺繍を入れたり、かなり高そうな透かし模様入りの絹を組み合わせたもの、あるいは、キナリの木綿だと思うのですが白の正方形を黒い幅狭い帯で縁取ったパターンが、中央から外に向かってだんだん広がっていくような組み合わせ方をして(*1)いる、という幾何的なデザインでマッコウ勝負している。
作者の名前こそ残ってませんが、多彩な色合い・仕上げ方は、創作そのものです。非常に巧いRemix音楽に通じるような、リズム・色合いの妙があります……。

(*1)円なら「同心円状に」といえばいいんだけど、四角の場合、相当する言葉がないな……

(今週のパブロフの犬)
作品に混じって、韓国のお坊さんの筆による、色紙(絵+文章)が張ってありました。
ハングルを見ると、条件反射的に読みたくなる私……
ほとんどパブロフの犬(爆)
しかし、犬は所詮犬。

「I Maum un hangsang Goyohago……」という、5単語目で意味が判らなくなる(泣)

先生が訳してくださったところ、
「この心は、いつも平静であり……」
といった意味だったようです。

ちなみに。この症状は私だけでなく、お店の方にも現れましたので、韓国語を学ぶ人に共通の条件反射である可能性も考えられます。
スポンサーサイト

テーマ:三重 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/749-e42a118e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。