ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果な話
吉野川ツアーの3日目。
見るからに雨雲が近づきつつある空模様だったので、
バスを離れて、広葉樹林帯を歩くという行程をカットすることになった。
朝のニュースTVで、津山で竜巻発生?というニュースまで流れ、
これは、本当にヤバイかも、
などと言い合っていた。

結局徳島では豪雨にもならず、山津波はおろか落石も目撃せずに済んだ。
けれど、その同じ日、山口で土石流災害が起きてしまった。
現状、日本の……少なくとも本州以南のどの山林でも、土石流が起きる危険性は孕んでいるのでないだろうか。
しかし、それに気づかないフリして、日々をやり過ごしていないだろうか。

中国地方は、江戸期までのたたら製鉄のために、さんざん山林を皆伐している。
聞くところでは、日本刀1振作るのに(それに十分な玉鋼を得るために)1haの山林を伐採しないといけなかったという……。
皆伐のあとは、確かに植林するけれど、江戸末~明治に植えたであろう林が、倒木だらけという荒れ具合になっているのを、私はJR因美線で見ている。

みなさん、機会を見付け、地元の山林を見渡して下さい。。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/754-7ef3bfdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。