ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸善で見付けた面白本
折角4ヶ月ぶりで名古屋に出たのだから、洋書コーナーを覗かないと……(三重ではそんなものないですからね)
というわけで、栄の丸善に寄りました。そこで見付けた面白そうな本を紹介。

「Factory Girls」Leslie T. Chang (著)

北京駐在のウォールストリートジャーナルの記者さんによるルポルタージュ。珠江河口地区の工場へ働きに出た女の子の挙動を追って、今の中国の「工場」の姿を浮き彫りにした、という作品。ただ、類似の本でよく扱われる上海周辺や内陸部ではなく、もともと古くから経済特区に指定されている珠江河口地区を舞台にしているのが、ちょっと肌合いの違いをかんじさせる。最初の10ページほどを立ち読みできるほど、こなれた読みやすい英語なので、即買い!……と行きたかったのですが、高くて断念(見るからに高そうなハードカバー版だった)

帰宅後、AMAZONで探すと、ペーパーバック版もあるのを見付け……、今度こそ即買いしました。
「あなただけのブラジル・ポルトガル語家庭教師」(田所・伊藤共著 国際語学社)

気の良さそうなブラジル人ニーちゃんの全身イラストが表紙カバーに描いてあるという、かなり型破りなポルトガル語の入門書。
このニーちゃんが各ページに出てきて、文字通り手取り足取りのアドバイスをくれるという構成が、とにかく愉快。
まさに、「ラテンなノリ」だな。
フランス語でも、イタリア語でも、もちろん韓国語でも、このノリで入門書を作ることは不可能と思われる(というのか、読む方が白けるだろう)。
ただ、判りやすいか、と聞かれると、ちょっと答えが微妙(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/773-5f63d5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。