ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美少金融
時期を失してしまったのですが、9/17韓国の各メディアが興味深いニュースを流しました。

低所得層に無担保融資、総額2兆ウォン以上
9月17日21時12分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000048-yonh-kr
(聯合ニュース)

http://article.joins.com/article/article.asp?Total_ID=3781987
(韓国語 朝鮮中央日報)

政府が音頭をとり、財界と銀行業界とが出資して、マイクロクレジット事業を作るというニュース。
その出資金は、2兆ウォンといいますから、かなりのインパクトです(物価レベルからいうと、2500億円くらいの印象です)
財界から1兆ウォン、銀行業界から休眠口座の預金の7000億ウォンと、寄付3000億ウォン。つまり、政府は一切懐を痛めていません(ここがミソ-爆)

小さな事業を興す人に向け、1億ウォンまで貸し出すという。

まさに、マイクロクレジットなのですが、この事業に「美少金融」との造語を作って名前にしています。
マイクロクレジットを直訳するとMiso GumYung(微少金融)となるのですが、Miso(微少)の部分に、同じ音の「美少」を充てています(韓国語版の朝鮮中央日報記事の脚注による)。
なかなか、洒落た名前だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/776-75533401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。