ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古風、そして敗戦(bjリーグ 09-10シーズン 滋賀-京都 第2戦)
西京極運動公園内にある、京都市立体育館。
昔ながらのカマボコ屋根が乗った、コンクリート打ちっ放しの、背の高い体育館。
実際、体育館の入り口には、「御成婚記念市民体育公園」と銘板があるくらい。
歴史の町京都のことです。後陽成天皇の御成婚時の落成でしょう(違)

もう30年も前に、阪急ブレーブスの試合を西京極球場に見に行ったときも、この建物があったように思うな……セピア色のいい思いで
と真っ昼間からたそがれるのはまだ早いわけですが、
そんな古きよき体育館での一戦でした。

滋賀81-85京都
Q1 12-23
Q2 16-11
Q3 16-26
Q4 37-25
Q1
しょっぱなから、京都の押せ押せムード。接近戦になる前の早めにミドル域からシュートを打ってくる。
アクシデンタルな肘うちで、ワラさんが片目を押さえ退場。代わって出た同じPGの小川の動きこれまでにないくらい軽く、救われた気持ちになっても、やはり得点力が劣る。パスでスパっと決まる、という展開がないのが辛い。

Q2
まだワラさんが戻れない。
これはどちらのチームにもいえるのだけど、連続攻撃ができないまま。特に外からのシュートのときに、リング下へ1人も飛び込んでいない。意識してるのは、#8堀川ってこの人ガードやないんかい!!!(ま、背があるから、こういう組立はわからないでもないが)
かといって京都の1対1チェックが厳しいのでもない。
淡泊なんだよな……。

「継続、継続」って同志社らぐびーでないけれど。
そういう意識が必要でしょう。

Q3
京都の#7ラルーウが怖い。一番後ろにいて指揮者的にまとめてくるだけかと思ったら、かなりインサイドへ切り込んでくる。細身の体なので、スペース要らず。するっと入り込んでくる。
さらに#55レダが怖い。みごとに得点へ絡んでくる。高さも生かしているし、フェイクなどの身のこなしもうまい。
(結果、この試合、このふたりで48点取った)

この2人が同時にコートインしている時間帯は鬼門。
滋賀は、ヒロさんを投入しての防戦でやっとの思いで立て直す……が、点差が開いてからの投入で、少し遅かった感。また、ファールの取り方が厳しいのも、やや消極的になる要因だった。

Q4
ワラさん以外全員フォワードという時間帯もあったくらいの超攻撃的な体制に代わる。小島も切り込み(去年なかなか見られなかった光景)、絶対的な決定力をホールも見せつけ、怒濤の攻め……だが、二次攻撃がほとんどなし。テンポが早い分、失点もたっぷり。それを止めるのに、ファールもたっぷりで、前線のルーク、ゲイリーの2人のファールアウト。成り行き上ボビー投入ということになる。って、え?この人インサイドに入れるかな……、と心配しつつ、見守るうち、残り5分くらいからコート中央付近での強烈なプレスの守備に切り替えた。2分の間にシュートを9本重ね、一気に6点差まで詰めたが、まさに勝負どころの残り44秒での3pシュート妨害に対するフリースローを3本とも外す、という、後味の悪い形での敗戦となりました。

(そのほか印象的なことを)
選手層が厚くなった。そこで、HCピアスさんが意識的にいろんなフォーメーションを試そうとしているのがわかる。
はっきりいってハテナ?と思うような組み合わせの5人を投入することがあった……点取りやさんのマイクがボール運びに回る、とか。いったい何パタンあったのか数えもしなかったけれど、特に破綻セットがなかったのが、去年からの進展でしょう。、12人体制になってまだ4日目。手探りはなお続きそうです。


【本日の絶叫】
「ヒロ、頼む!」
途中交代でコートインする控えのセンターの彼に、滋賀サイドからいったい何人が、この言葉をかけただろう。その口調は、まさに祈るよう。リバウンドをほとんど取れなかった今日の試合を象徴する光景でした。

【本日の無理強い】
試合開始前。DJさんがリードを取っての応援練習の声だし。が観客席にいる人数のわりに声が出ない。
プラスチック風船振るのに気を取られる、人間、そう2つも3つも同時にできるものでない。
そこで、DJさんのご指名にあずかったのは、滋賀からのブースター軍団約200人。私たちに声を出せ、と?
リクエストには忠実にお応えするのが、近江商人のモットー。
窓ガラスが、ヒビが入っても知らんよ(笑)

【チアダンサーズ】
衣装がまさにハンナリ。
白地に桜色の花柄を入れた上着に、袴を思わせる赤いふわっとしたズボン。おまけに、和傘をもって、草履まで履いての登場。しかも信じられないくらい細い体。
つまり、かなり萌え系。

……と、ねらいは見事。けど、動きの激しさから、草履が脱げるひとが、ちらほらと。踵に紐でも回す必要がありそう。

【いいな、あれ】
滋賀でもつくろうよ、あの天井の機械(だだコネモード)。
コート上に吊した4面カラー表示装置(70型くらいのPDPかな)、ああいうものはじめてみました。
ふつうなら電光表示ボードを張り合わせて作る、UFOみたいな機器をつり下げているけれど、今回は、薄型TVの巨大版を4方に組み合わせた革新的な機器がお出まし。
コートサイドに置いたカメラの映像も、ビデオ映像も流せる。もちろん本職は得点表示ボード。PCで作った得点ボード画像で、ちょっと近未来的。
さすが、チームのスポンサー企業に名だたる計測・画像表示機器メーカーが並んでいるだけのことがあります。

【来節への心配事項】
#33ボビーが、精彩を欠いている。左腕の肘から二の腕にかけて長いサポータをつけ、やっとの思いで1シュートを入れただけ。精度がよかったはずのフリースローを、半分も外すというのも、様子が変。
スポンサーサイト

テーマ:bjリーグ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
ども
いつもブログを楽しく拝見させて貰っております。

ふつかとも、試合見に行かせてもらいました!

言うのも 面倒くさいぐらい、相変わらずFTがはいりませんねぇ・・・

こういう点差だと、どーしても 「あぁ、アレが 入ってたら・・・」と、思ってしまいます。

今度の野洲も、行かれるんでしょうか?

お会い出来る日が来るのを、
楽しみにしております!
【2009/10/07 18:33】 URL | オールドプレイヤー #- [ 編集]

フリースローって
オールドプレイヤーさん、こんにちは。

> 言うのも 面倒くさいぐらい、相変わらずFTがはいりませんねぇ・・・

え、フリースローって、
投げる側の「罰ゲーム」でないんですか(爆)
あれだけ入らないと、反則の代償としてもらえていることを忘れそうです……
(事情を知らないかたのために。
滋賀レイクスターズのチーム平均でのフリースロー成功率は、現状だいたい60%弱です)

いったいなんで入らないのか、今度の試合でじっくり、高松の選手と見比べてみることにしましょう。

今週末は、土曜日のみ、ホーム開幕を祝って2階自由席で吠える予定です。
リード、よろしくお願いします~
って、ホームはDJ仙石さんがリードしてくれはるんだってば(苦笑)
【2009/10/09 00:34】 URL | デルタ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/778-c157ccf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。