ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コモンズに働く自生的秩序
週刊エコノミストの最新刊に、今年のノーベル経済学賞を受けた学者さんのことが載っている。広い意味での「ガバナンス」をテーマにした研究で、記事を読む限り長い積み重ねのある観察から構築した理論らしい。
なかでも、オストルムさんの「共有資源の統治」は、興味深い。
通常「コモンズの悲劇」という観察結果からの経験則に反する実例を見つけ出し、資源を共有する利用者どうしによって、秩序づけられた状態が発生する条件を明かにしたというのだ。

このあたりハイエクの自生的秩序のアイデアとどういう関係にあるだろう、
また、リバタリアン的にいえば、政府・法権力を介在させなくても、共有資源の管理が出来うるというのは、政府の極小化への援軍とも言える。

もっとも。
資源という、経済的にプラスの方向への材料であれば、その資源をたとえ分かち合うことになっても、誰もが元の状態より損をすることがない。だから、みんなで話し合い分け合うことが、合理的な選択肢としてありうることになる。
問題は、経済的にマイナスの方向への材料……例えば廃棄物を共有地に捨てる場合かもしれない。積極的な「価値」を生まない行為だから、できるだけ安価な処理法に皆が徹しようとする。そうしないと損を拡大させてしまうからだ。未処理の廃棄物が、公有地に堆積してしまう例などが典型だけど、これこそ「コモンズの悲劇」の言葉にふさわしい惨状になる……。
そちら方向へ、彼女の理論が進んでいってるとすれば、かなり面白く実際的でもあるな、と思う。

オストルムさんの論文集とか、邦訳されてないか、
どなたか、ご存知ないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:おぼえておくべきこと - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/789-8cef1ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。