ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学ラグビー2回戦(@名古屋瑞穂球技場)
大学ラグビーの選手権大会2回戦が、名古屋の瑞穂球技場であったのを見に行った。
勝ち上がって来られたなら、もちろん中京地区の大学がこの試合に出てくるはず……なのだが、関西5位の立命館大にまたも阻まれて選手権にも出ていない。
関西圏の大学を出て、しかも自分が在学中、母校(一芸入試のおかげ。本来は弱小公立校です)が関西1部リーグで試合していたのもあって、未だに関西勢の動向が気になるわけでして。

が、ここ10年年々関東勢との差が開いていっているような、そんな気がします。
ひとつには、関西での強豪チームが入れ替わりつつあるという過渡期なのも、関係するのでしょうか。


【第一試合】
関学大29(7,22)-(31、31)62明治大
この試合は、後半からしか見れなかった。
後半の早い時間帯で、モールで持ち込んでのトライなど2トライを挙げ、反撃できるかと思わせた。実際フォワード戦は支配できていて、得点は全てスクラム、モールからの展開であった。しかし、31分そのスクラム戦からの関学の展開を封じて、明治が6本目のトライを挙げた。このあたりで勝負あり。関西リーグでかなり圧倒的な強さを誇る関学にして……。

無風だったとはいえ、深い角度からのプレースキックをも悉く決めた、明治#10の田村選手の殊勲大。

【第二試合】
怖いよー。
完全な新興勢力である天理大学のラグビー部。
新興勢力だけに、ゲーム前にグラウンドでやるアップも、目新しく、そして激しい。
フォワードのぶつかり稽古、というのか、クラッチングスタイルからクッションをもった相方へブチカマシという感じで2本をワンセットにして、3セットほど繰り返す。
ラインを布いた時の反応を高める為だろう、15人が横一線に並んだ前にボールを転がし、コーチが拾った瞬間にスタートを切る、なんて練習もしている。
東海大のパウントキックの練習に終始しているのと、かなり好対照。

天理大12(0,12)ー(24、29)53東海大
序盤、天理のプレーが狙い通りに進む。セットプレーからのモール、#10にボールを出して、タッチキックで大きくゲインなどなど。地味でなかなか得点に繋がらないが、ボールを天理が完全に支配している。
均衡が破れたのは12分、左翼ラインアウトから、モールを右手に押し込み牽制した後、左に戻してトライ。
その後は、東海サイドの積極的な展開プレイが続き、25分までの間に計3トライを挙げた。
天理サイドもチャンスがあった。が、マイボールラインアウト後のモールを持ちすぎてサイドへ押し出されたり、攻めていながらターンオーバーにあわてて首タックルをやらかしたり(もちろんシンビン)と、自分で芽を摘み、40分まで無得点。
ロスタイムに入って、天理エンド近くでのラインアウトが続く。その後のモールで、エンドを割ったかと思われたが、密集で入れないと見ると、中央へ一度展開した後、デンジャラスゾーン左サイドへ斜めに蹴り上げる。……ディフェンス陣が1人余っているのに、回さずにである(バスケでいえば、フリーになって、ランニングシュートにいくはずの選手がアリウープ狙いのパスを出した、といったところか)。点差があるとはいえ屈辱に近いプレー。結局これは、サイドにでてしまい、再度のスクラム。このスクラムでボールを出せないまま、東海のトライ。
ここで前半終了。

後半は、5分の天理サイドの展開から動き出す。いったんはラック状にプレイが止まったが、東海のオーバーザトップからのリスタートが素早く、トライ。天理側のスタンドが異様に沸いたが、その後が続かない。
その後20分近くは、グラウンドの1/4のエリア,天理から見て左サイドの自陣で、大半の時間が費やされる。タッチに逃れた後は、東海ボールのラインアウトからのモールを自在にコントロールして、力の差を見せつける東海。
20分頃には、東海サイドに余裕がでてきた様子で、グランディングまで走りすぎたのを、エンドまで押し込まれた。それでも続く5mスクラムでそのままトライを挙げるなど、かなりの圧倒。
天理の反撃は、37分頃まで封じられており、東海の危険タックル、ショートパウントを取り返すなどの連続プレイがあったにもかかわらず、1トライを挙げるのに3分以上かかってしまった。
……かなりの力量差を感じつつ、ノーサイド。

【本日のノリが良い方々】
もう文句なしに、メインスタンド前方の天理大応援団の皆様でしょう。
鳴り物禁止や、というのに、ホラ貝を吹いたり(さすがに試合前ですけど)
六文銭をあしらったピンクの旗を立ててたり。
いかにも新興校らしい、型破りな応援でした。
試合後、天理サイドに並んだ東海大の選手たちに、
「ええぞー、東海大、勝てよ~」などと、口々に声を掛けてるあたりも、
関西の学校だな、と思いました。
スポンサーサイト

テーマ:大学ラグビー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/808-3759531a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。