ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝開業 横須賀線武蔵小杉駅
祝開業。メリットは運賃の節約!
川崎市民ならば、「出来たら便利だよね」と一度は言ってしまう、横須賀線の小杉駅が、13日に開業しました。
連休に横浜へ行く用があったので、ちょっと寄ってみました。

川崎を離れて5年。すっかり小杉の駅前、とりわけ西側がすっかり雰囲気を変えてしまい、さらにこの駅ですから、横須賀線のホームへ降り立った時点では、実感が沸かきません。
おまけに、感慨どころか、ぼんやりした考えをも吹き飛ばすような勢いで、新幹線が突き抜けていきます。ホームの縁から新幹線の線路まで5mあるかどうか、しかもほぼ同じ高さだから、めったに見られない破壊的な光景です。

こんな近くを新幹線が

従来の小杉駅の駅舎というのか改札口には、「南武線口」という名前がついていて、標識が導いてくれるのですが、「560m」(だったかな?)って、おいおい、尻手と川崎の駅間距離(直線で結んだ距離)より長いんでないの?と南武線沿線住民のツッコミが聞こえてきそうな道のり。
朝のラッシュ時など、かなり乗り換え時間が掛りそうですね。

しかも横須賀線の運転間隔を考え合わせると、時間的なメリットはさほどでないかもしれません。
……が、金額的にはテキメンです。

記事の冒頭に貼ったポスターも雄弁に語っておりました。

スポンサーサイト

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/848-819e931f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。