ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外投資の王道、なのに誰も気付いていない?
はじめて浜松の町へ行った。
楽器博物館が目的だったのだけど、
まず驚いたことが、ブラジル銀行の支店が駅前にあったこと。しかも、ただ駅前にあるというレベルでなくて、ホテルオークラとかが入っている赤レンガの複合ビル(アクトタワー)の1階の角に堂々と鎮座していること。
「創立200年を越える」、「ラテンアメリカ最大の銀行」
等々、堂々の殺し文句で、ブラジルレアルでの外貨預金を呼びかけるポスターを貼っているあたりが、さすが長期の安定成長を続けてとぶ鳥を落とす勢いの国だけある。

しかも!土曜日にも窓口を開けているというではないか。
今は円安気味だから、外貨預金するのを避けるけれど、
土曜日にUSドルだのレアルだのの預金口座へ、両替することなく入出金できる(USドルの現金を引き出せる)のは、
利用価値が高そうでないか。
名古屋にも支店があるのは、前から知っていたけれど、
まさか、そんなに便利な状況になっているとは知らなかった。
(土曜日に窓口を開けているのは、おそらく自前のATMを持っていないことへの、代償としてのことだろう)

ちなみに日本国内に支店がある町を書き出すと、いかにもブラジルの銀行らしいと思ってしまう。

東京、浜松、名古屋、太田(群馬)
他に、出張所が、
水海道(茨城)、上田(長野)、美濃加茂(岐阜)
スポンサーサイト

テーマ:海外口座 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/850-394d3395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。