ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府に「安心」を求めてはいけない
参院選公約に「国民安心税」=自民
4月20日22時3分配信 時事通信
 自民党は20日、消費税の大半を目的税化し、医療や福祉に充てる「国民安心税」(仮称)の創設を参院選の公約に盛り込む方針を固めた。

こういうニュースを読むと、悲しくなるのは、
私が生まれついてのマイナーコードの世界の住人だからか
それとも、ヘソマガリなだけなのか。

国民から広く税金を集め、それを国民全体の安心に充てるのならば、そもそも、政府の意味がない。
政府が単なる強制貯蓄を制度にしただけだ。

かといって、お金持ちだけから税金を集め、一般庶民の安心のための政策に生かそうとしたら、
今度は、税収が論理的に足りないことになる。

……そう考えると、政府の生き残る道は、
ごく少数の弱者を支えるために、みんなでカネを出す、
という考え方のみだ。

ドラッカーさんが日本政府の経済・産業政策を高く評価していた、という事実のみは有名だけど、
ではなぜ、高く評価していたか。何が、その成功の秘訣だったと思っていたか、
知ると、ひょっとして皮肉を言ってはったのかな?と勘ぐってしまうほど、逆説的な理由を挙げている。
「日本政府は、対症療法に徹したから、政府が肥大化せず、うまくいったのだ」
と。

小賢しいことは止めよう。
将来の憂いは、自らの貯金で備えれば済む。

そんなものまで、政府を頼りにするのは、
政府と国民との、犯罪的な共依存を産む。
そして、”非国民の”住民が当然持っているべき、経済的権利を、
仲良しクラブから排除するという、実際的な犯罪を産んでいるのも、忘れてはならない。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/862-44279a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。