ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生の鎮まる島(屋久島の話その1)
僕の名前は、安房(あんぼう)
安房交差点
僕の名前は、まんぼう
遊覧船まんぼう
ふたりあわせて、あんまんだぁ

突然、替え歌から復活しましたが、
皆様ご無沙汰しておりました。

そんなわけで、この前のGW、屋久島と種子島に行ってました。
宿が取れなかった関係で、屋久島の滞在が正味1日
種子島での滞在が正味2日
という中途半端な日程になったのがちょっと残念。
いまさらですが、その旅行記の短報を入れていきます。
まず屋久島へ
鹿児島からは、「屋久島2」というフェリーで向かう。鹿児島の港からは、種子島へのフェリー「プリンセスわかさ」とほぼ同時出港で、真後ろにその船が続くという、珍しい光景を見ることができます。
ペアで出港

連休中だということで、船室は満席。よって、デッキで過ごす4時間。ひたすら日の光が眩しく、さらに海面からの照り返しもまぶしく、おまけにほとんど無風、暑い。
ほとんど生き物の気配がないまま、屋久島の姿が見えたころ
トビウオの大群が右舷に現れる。写真を撮りたかったけれど、小さいので、ちょっと無理でした。

最初は、白谷雲水峡に入りたかったのですが、
この晩は、南端にある屋久島YHに宿を取っており、
その夕ご飯時刻を考えれば、ヤクスギランドに行くのがやっとという結論になり、大川の滝行のバスに乗る。

ヤクスギランド
江戸時代の伐採地跡が、今自然観察路になっているという場所です。
倒木更新とか、切り株の上に新しい木が育つ、といった、南国らしい光景を期待したのですが、期待を上回る旺盛な生命力を、杉が見せつけてくれます。看板には、「切株更新」と説明があるあたりでも、切り株以外からも若木が育ちだしていて、訳がわからない(笑)
隙あらば、芽を出す、根を張る、後は日光をもとめて伸びるだけ!……おー判りやすい。

帰りのバス時間の関係で、90分コースを歩いたのですが、それではもの足りず、分岐して「三根杉」も見学。文字通り根本に近いところで、3本の杉が合一した巨樹。だから根の張り方が幅広く、また複雑にうねっている。
根っこはうねる

帰りには、幹に大きな洞ができた仏陀杉を見学。周囲にいろんな植物が群れていて、むせかえるような光景。
群れる植物(仏陀杉)
スポンサーサイト

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/865-0515e09d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。