ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有言不実行の人
家庭照明用の光源のことで、2~3年前に、私はこう書いた。

光源(ランプ)を蛍光灯にするか、LEDにするか、なんてのは、エネルギー効率的には、枝葉末節に過ぎない。
本当の意味で効率を上げるならば、スポット照明を取り入れることだ。
と。

新居が、電灯の備え付けがないので、それをテストし、実行するいい機会のはずなのだが、
結局、部屋全体を明るくする、という方向に妥協してしまった。

いままで蛍光灯での「部屋全体を照明する」という方法に慣れすぎていたので、
ピンスポット照明する時に、どのワット数の電球が必要か、というのがイメージがつかめないのだ。
机上計算だけなら、できる。
たとえば手元(直径1m)を平均750lxで照明するなら、光源の光束量は実質600lmあれば十分。
ランプからの光をある方向へ出すための照明機器の効率を70%、光源の可視光への変換効率を60lm/W(今、LEDも蛍光灯もそれぐらいのはずです)とすれば、
実は15W程度で十分とわかる。
これに対して、今の高効率蛍光灯のペンダントとかで6畳間を照明するのには、60W程度の機器を推奨されるから、
劇的な省エネにつながることがわかるのだけど。
では、天井に取り付けて手元で直径1mの範囲を照明するような、照明機器ってどんなもの?と調べはじめると、資料がない。
おまけに、(これはウカツなんだけど)
新居の天井の高さを正確に把握していないし、
照らす側の面も、どこに机を置くか、本当に必要な面積がどれだけか、
ということを考えはじめると、住み始めてからでないと、設計不能だな、とギブアップ。

ただ、それだけでは悔しかったので、ちょっと変わった電灯を買いました。
どちらもペンダント式の電灯なんだけど、
一つは、つり下げる電線にプーリーがついていて、高さを自在に調整できるもの
これは、部屋全体を照明する時と、真下の机を照明する時とで、高さを変えることで、必要な光量を調整することができそう。
もう一つは、ヤマギワ製の天井側の反射板に同心円状に複雑に折り曲げた金属ミラーを使って、部屋の隅まで光が届くというもの。
実際に部屋へ取り付けると、心持ち部屋の隅が明るくなっていそうな。

こういうことって、凝り始めるとおもしろそうですね。
スポンサーサイト

テーマ:インテリア・雑貨 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/884-ef9be482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。