ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の為替介入
先週は、15万円をユーロ買いの「為替介入」を行いました。
だって、ドルよりいくらか、金利が高いから、というのもあるけど、
むしろ時系列で、為替下落のパターンを、USドルと比較した結果です。
USドルは、ズルズルと長期間にわたって下落を続けている。
これは、明らかに経済状態を反映しての慢性的症状。

それに対して、ユーロは、ドスンドスンと2回下落し、それ以外は安定している。
事故がなければ、基本的に安定している。……と言う読み。

さて、下の記事のコメントにも書きましたが、
日曜日のNHKの日曜討論で、ある政治家が、おもしろいことを言ってました。

「日本は、韓国企業との競争で負けているのだから、
 ウォン安を是正するために、円売りウォン買いの介入をすべきだ」と。

確かに、こういう発想の為替介入は、いままで発想すらなかったですね。

おもしろいから、私もウォン買いの協調介入をしようかな、と思ったけれど、
ウォンもドルに連れてズルズル下がっているわけで……
買える勇気がある人、どれだけ居るかな

基本的に、為替取引は、この種の恐怖と戦いながらの投資になります。
スポンサーサイト

テーマ:為替 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/900-f3a50e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。