ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田・温会談覚え書き
岡田外相と、中華人民共和国の温家宝首相とが、28日に会談したとのこと。

かなり重要な話が出ているので、覚書を兼ねて、短信を。

(1)日系企業での労働争議対応
岡田サンが、中国政府に日系企業の労働争議を沈静化するよう、協力を求めたところ、切り返しにあった。
「背景には賃金が相対的に低いという問題がある。この点の対応をお願いしたい」
日系企業と岡田サンが言って、こういう答えなのだから、やはり「日系企業の賃金が相対的に低い」と言っている
なのに、日本のマスコミは、「外資系企業全般が」というように、ミスリードさせている。
(もし外資系企業全体を指しての発言なら、何に対して”相対的に低い”と言っているの?
 ミスリードするように文章を強引に切り取ったから、「相対的に低い」との語が意味不明になっている……)

それにしても、日本の外務省(そしておそらく財界)はセンスがない。
こんなことをしたら、
「日系企業が、汚職だらけの北京政府(と大陸中国の人々は思っている)を動かして
不当に低い賃金で、労働者を押さえつけようとしている」

としか見えないのに。

(2)レアアース輸出制限
中国産のレアアースに輸出制限を加えようとしている、と言う話。
けれど、レアアースをいくら精錬しても、中国国内で使う用途がない。需要があるのは、あくまで中国大陸の地殻では日本国内くらいのもの(独占性が高いため)。
結局、精錬済のインゴットを日本へ輸出することになるのだろうな……。
ということは、これは、一見「単純な資源ナショナリズム」の現れだというだけでなく、
金属精錬産業の育成・強化を目論んでの処置と考えたほうがよさそう。
……そういえば、俺、大陸中国の非鉄金属企業の株持ってたよな?
買い増しておこうっと。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/901-29aa5384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。