ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FMラジオの「国際化」
(その1)
「愛知国際放送 Radio-iは、来る9月30日深夜0時をもって、放送サービスを終了させて頂きます。長らくのご声援ありがとうございました」
先ほどラジオから、このようなアナウンスが流れた。

この事業撤退の話は、7月だったかにすでにニュースで流れていたのだけど、私が普段聞く放送局でなかったので、注意を払ってこなかったけれど、放送終了が迫ってきて、どんな風な放送をしているのか、知らずに終わってしまうのを、惜しいと思って、日曜の午後ぶっ通しで聞いてみることにした。

13:00からは、70年代~80年代のアメリカンロック(Popsも含む)のリクエスト番組。
「Y~MCA」(※)とか「Go」とかがかかり、「ここは、滋賀レイクスターズのホームゲームの会場ですか」というような選曲で、私もノリノリ。が、DJさんのちょっとわざとらしい巻き舌の日本語は、なんとかならないか?
(※ 無論踊ってしまった。この文章を書いているレイクスブースターは、かなりこの曲に対してパブロフの犬的症状が進行していることが確かめられた)

16:00からはAORの番組。

17:00から5分間の英語ニュースののち同文の日本語ニュース
   (このスピードの英語ニュースを聞き取れる人が、東海圏にどれだけ住んでいるだろう……)
17:15頃からは、これまた米国からの来日ミュージシャンのインタビューが流れる。

そんなこんなで、19:00からは、学生のジャズ・ブラスバンドの大会の東海予選を中継録音。

そんなニュースのあいまには、
「英語ニュースをリスニングの練習に使っています」
というリスナーのハガキが紹介される。
そう、このように、ひたすら「アメリカ」な世界が、この半日繰り広げられていたのでした。

(その2)
これに対して、
NHK-FM(名古屋制作)にも、外国語ラッシュの番組を発見。
ポルトガル語とのバイリンガルの日系ブラジル人3世の歌手によるDJの番組があるのを、金曜日の夕方(18:00~18:55)、これもつれづれに選局するうち、見付けた。
完全なバイリンガル番組。
10日の放送では、代々木公園で先週開催された「フェスティバルブラジル2010」でのライブ録音を流したりしていた。

スタジオでのおしゃべりには、直後に日本語で同じ内容を繰り返してもらえるからいいものの、早口なポルトガル語でのDJ、私には全然ついていけません……

曲のリストも、このとおり、ポルトガル語ばっかり(苦笑)


辞書さえあれば、なんとか市の公報に載っているポルトガル語版のお知らせを読める私でも、55分の放送でなんとなくでも聞き取れたのは、結局番組最後の、
「この番組への曲のリクエストは、お手紙またはホームページからの送信で受け付けています」という部分だけ。

さすが東海圏、すさまじい番組があるものです。


(この二つの局から、導かれる教訓)
(1)「国際」と自称するものには、英語圏だけをターゲットにし、それを日本人が楽しむというものがある、
(2)「国際」をあえて名乗らないものの中に、非英語圏の人々へのサービスが混じっている
(3) (1)の需要は、Radio-iの例から考え、今や、減ってきているのかもしれない……。


「国際化」ってなんなのでしょうね……。
スポンサーサイト

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/907-2da4aeb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。