FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

本日は、東京のネット喫茶より
自宅のPCが沈没中、
ではどこから、といいますと、今夜はネット喫茶から。
というのは、東京へ弾丸ツアーで来ているのです。

ここにいう弾丸ツアーとは、
 往復は夜行バス、間の1晩もネット喫茶(シャワーつき)で仮眠、という強行軍。
そこまでして何を見に来たか、
主目的は、CEATEC、電機電子情報系の総合展示会‥‥、本日、それの一般公開日だったのです。
三重に引っ越してから5年間、ずーっと見ていなかったのですが、
スマートグリッドから、3Dテレビまで、今年は新しいことが目白押しとなっている電機業界。
勉強のために、見ていく必要あり、
と意気込んで、東京までやってきたのです。

会場は、いつものように幕張メッセ。
隣では、千葉マリンスタジアムで、マリーンズの試合のパブリックビューイングがなされているということもあってか、あたりは相当な人出でした。

家電メーカが力づくで(失礼)大型のフラットパネルTVを並べて壮大な舞台を作っている中、
一番見るべきものがあったのは、三菱電機だ、と私は軍配を上げます。

人工衛星「みちびき」の発信機とアンテナ部分、そしてそこにも積んでいるイオンエンジンの改良版(本体との比較でいうと、かなり小さなものです。素人目には心もとないくらい)。正しいネトウヨ、もとい愛国者は、ここに来てほう摺りするべきだったでしょうに‥‥、いがいと見てる人はクールに眺め、質問もしていませんでした。
それにもまして、もっとも驚いたのは、レーザーTV。光源、いや画素を半導体レーザーにしたというものです。
黒の沈み方が今までにみたことがないくらい。CRTだって残光でほのかに光っているのに、このTVでは光っている気配もない。厚みと考え合わせても、かなりすごい商品です。


あとは、展示として印象的だったものを。

Wall Street Jarnal‥‥日本語版を電子配信します、と宣伝してました。
           どれだけ需要があるのか、とは正直思いますが、そういう時代が来たのですね。
石川工学造形研究所‥‥ホログラムを使っての立体映像の投影。確かに炎の感じを出せています。。
情報通信研究機構 ‥‥音声の自動翻訳。原理的に簡単な組み合わせ;韓国語と日本語とか、英語とドイツ語とかだけではなく、アラビア語だ、ポルトガル語だ、とできるあたりがすごい。
フジクラ     ‥‥使っていることは、なんでもないのだけど、超伝導材料を使った実験で人だかりが発生。
           1時間に一回の公演、すべて行き遅れ、結局何をしていたのか、わからずじまいだったのが、心残りです‥‥

台湾系メーカー  ‥‥少人数でここまで3日間応対してこられたからか、総じて皆様お疲れの様子。妙にマッタリした空気が、あたりにただよう。
韓国系メーカー  ‥‥こちらも、総じてお疲れ。私自身の韓国語の練習のために、数社入ってみたのだけど、
           担当者がお昼ご飯に出ていて‥‥とかいう調子。コンシューマへの参入はかなり苦しいだろうけど、ちょっとずつ、BtoBのビジネスで日本市場へ食い込んでいっている様子はうかがえた。LED照明の会社が日本語の達者な係の人をそろえ、日本市場を狙う気満々‥‥というのには、韓国のLED照明市場が完全に中国メーカに食われているのだ、という話も聞かせてもらえました(そう、つまりは、素子をよそから買ってきて、アセンブリで安く上げる、というビジネス展開が中国で乱立しているために、日本にくらべてコスト力がある韓国メーカですら、市場と食われている、というわけなのでした。


とえらそうなことを書きましたが、最後に一言、
もっと韓国語を勉強せんとあかんわ‥‥。

スポンサーサイト



テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/910-4e8e0c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)