ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人な無自覚に助長するいじめ
10月27日のNEWS WEEK日本版にアメリカでのいじめについての記事があ
った。
B5版の雑誌の見開き上辺に「大人が陥る9つの勘違い」と題して、学校でカ
ウンセリングをしている人による、事実に反するような大人の思い込みが挙
げてある。日本に比べ、いじめの発生する場所が、より高学年にも及んでい
る様子があるので、日本にそのままあてはまるかに疑問もありつつも、日本
でいじめを体験してきた身として、身に染みる指摘なのだ。


「大人が陥る9つの勘違い」

(1)いじめはすぐに分かる
(2)いじめっ子はすぐに分かる
(3)いじめっ子は好かれず自尊心が低い
(4)いじめは過去になかった問題だ
(5)加害者と被害者は別
(6)いじめは子供の問題
(7)うちの子はいじめない
(8)いじめ対策プログラムと法による抑止が効果的
(9)いじめは自分とは無縁の特別な問題だ

みんな、お題目としては、これらの思い込みが実態に合っていないのを、認
めてくれるだろうけれど、具体的な対人関係を目の前にすると、陥ってしま
う罠。

中でもやりきれないのは、親自身が、自分の子供の同級生やその親の品定
めを始めてしまうことだ。これは、上の「9つの勘違い」の(6)のように、
いじめは子供の問題と思いつつ、
それを大人が無意識に煽っているのが、悲しい。
スポンサーサイト

テーマ:"いじめ"問題 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/914-1eb9d961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。