ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の裏側で定期預金を作ってみる(定期貯金作成編)
4月に地球の裏側で定期預金を作ってみる(口座開設編)といって、そのままになっていた件、
年末のキャンペーンにのっかる形で、定期預金を実際に作りました。

といっても、最低金額の1万レアルだけですがね。
1万レアルというと、51.2万円くらい、結構覚悟を要する金額でした。

ブラジル銀行の名古屋支店で開いた口座に、結局名古屋時代には定期を作ることができず、
東京の支店で作るというのは、奇妙な感じ。

しかも、その東京支店が、別途送金用に作っていた韓国外換銀行の東京支店と同じビル(有楽町の新国際ビル)の同じ1階フロアにあるというのも、奇遇です。

店頭にいくと、白人で天然パーマ気味のメガネをかけた方が窓口にいて、日本語で応対してもらえました。
時々「金利」などという言葉が出ず、英語になったりしましたが
問題なしでした。
そういえば、名古屋の口座を開く際に応対くださった、日系人のNさん、お元気だろうか‥‥。

ブラジルの金利は先高感があるのですが(インフレに対応するため)
2年定期で6.25%というところに納得して、手を打ちました。
もっとも、往復の為替手数料が5%程度になるので、
2年で満足いく利息が得られそうです。

日本・ブラジルの両方の休日を印刷してある、ポルトガル語のカレンダーをいただき、
計40分で手続き完了となりました。
追記
その後、国会図書館へ。その道すがらに、HSBCの支店を発見。東京・大阪・神戸にしか支店がないから
私のような転勤族には、使いにくいけれど、
プライベートバンキング事業をしているのだとか。

ほぼ24時間体制でのサポートらしいし
海外の支店網がすごいので興味をそそられるけれど
最低預金額1000万円(ブラジル銀行の約12倍!)
‥‥やはり、縁がなさそう。
スポンサーサイト

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/935-f4917710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。