ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beyond Craft展(在日韓国大使館・韓国文化院)
期間:2011年1月18日~22日
場所:在日韓国大使館(東京四谷)

平日の休みを有効活用するためにも、平日中心に開館する施設を使ってみたいと思い、
併設されている韓国文化院の資料室に行くつもりが、その1階でやっていた、現代工芸の作家さんたちの合同展に迷い込んでしまいました。

木を削りだした本状の立体の上に、金属活字を載せて作品化するLEE YONG KEE氏、広口の茶碗を基本形にしながらそれに変容をくわえて並べるHONG CHAN HYO氏、器に彩色した小物を規則的に並べ都市空間を模写するKIM SANG HO氏、そして染色した絹へシルクスクリーンの不規則な模様を加えるBAE SUN JU氏の4人による、共同展です。

私としては、KIM SANG HOさんの作品が気になりました。
ポジャギの要領で半針返しで縫い合わせしつつ、一部では折り紙的な技法での折り返りを入れたりして、8色くらいの布を組み合わせています。ポジャギのような広がり(展開)があるのではなく、そのユニットを1回分で完結している。
シンプルでもあり、鮮烈でもあり。
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/949-d1bb9d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。