ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際的 原野商法!?
今週の週央に三連休が振替で取れたので、新潟へ行く。そのネタ集めもあって、図書館に行ってた。
新聞を読み漁ってたら、興味深い記事を見つけたので、注意喚起のために、一部転載します。

水源地権利 投資詐欺 外資土地買収、高齢者の“愛国心”逆手
産経新聞 2月13日(日)7時57分配信

 中国を中心とした外国資本が日本の水源地を買収している問題にからみ、水源地の権利購入をかたる新しい手口の投資詐欺が全国で相次いでいることが12日、分かった。国民生活センターによると、各地の消費生活センターなどに少なくとも数十件の相談が寄せられているという。1600万円の被害に遭ったお年寄りもおり、同センターは「安易に勧誘にのらないで」と注意を呼びかけている。
(以上 引用終わり)

速い話、住んでいるところから遠い場所の水源地を買いませんか?と担保権利だけを売ろうとするペーパー商法です。
仮に本当に登記されても、土地を実際に見に行くことはないでしょうから、どんな土地を買っているかもわからないでしょうね。

去年の年末、NHKのニュース特集で、北海道の水源が中国資本に買われている!と報道している番組を見ました。が、虚心に見れば、
「こんな疎林、水源林なわけないぞ」
というような奇妙な土地が次々に出てきました。
思うに、中国資本へ売却している法人も、上のペーパー商法をしている法人も、つながっている、というのか、グルなんでしょうね。

「日本の水源を中国から守る」と、水源地の買収が社会問題化していることを利用。高齢者の“愛国心”を逆手に取るものや「環境保護」をうたうケースも。(前掲 産経新聞記事より)

なんて、ちゃっかりセールストークに使っているあたりが、いかにも自作自演くさい。

みなさん、土地投資の場合には、実態・現状を見に行くようにしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/956-f62d7623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。