ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海溢
こう書いて、朝鮮語では「ヘイル」と読みます。
日本語でいう「津波」のことです。
今、福島から岩手で起きている事態を見ると、この熟語の意味がよくわかります。
阪神・淡路の震災とは異質な、不気味さがある‥‥。
また、とりわけ福島の浜通り地方は、磨崖仏の探査をしている私としては、なじみのある場所であり、
非常に胸が痛みます。ラジオで出てくる地名のいくつかも、歩いて通ったことがあるぞ、と思いだせるものさえあるのですから。

原発の緊急事態もなんとか回避できたようで、
私としては、緊張が解けました。
本来の仕事に戻る準備をしましょ。庶民には、それしかできないのだし。

忙しいはずの潘基文氏が、わざわざ日本語で「この重大な苦難を越えられるを信じている」と言ってくれたことに感謝。
またASEANの事務局長が、救援だけではなく「復興まで」と支援を表明してくださっていることにも感謝。
スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/969-56e2a402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。