ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金は天下の回り物、でしかない
今回の原発事故の、補償について、政治家さんたちが大張り切りで議論をしてますね。
皮肉をいうつもりはないけれど、こういう熱意で、死刑の問題とか、財政健全化とか、話してほしいんですが。

さて。
国民の負担が増えることはまかりならん、と大見得を切る政治家とそれに喝采する、多くの国民の皆さんに、
私……仙人(修行中)から、一言

「金は天下の回り物でしかない」

と申しておきましょう。

今政府から出されている原案では、確かに、東電の「利益」を原資に、補償していくことになります。ですから、”適正な”利益を東電を出すことが前提になります。現状、原発を止めると、発電の原価が騰がる(帳簿上では騰がることになっている)のですから、利益を出すためには、電気料金を揚げるよりありません。

(ところで、「ステークホルダーにまず責任を負わすべき」という、政治家の発言に大笑いしました。
この人たち、「受電している顧客」もステークホルダーの定義に含まれるのを無視してます)

そんな議論を始めると、私のような仙人ならばいざ知らず現世の有権者からそっぽを向かれるからでしょう、
株主責任や債権放棄、あるいは東電自身の資産売却にも言及しています。
とりわけ、阿部知子サンは、送配電を事業分離し、その売却で得た資金を原資にせよ、と言い張っています。
が、こういう議論を聞くと、「かんぽの宿」のときの議論が再来しそうで、情けない気分になります。

配電施設だけを売ることはできません。「配電」という事業を売るのです。その事業の売却価格は、やはり「配電」という事業でどれだけ儲けることができるか、で決まるのであって、資産の価格で決まらないのです。
そこへ、電気代を上げずに……との大方針が先にあったら、結局「事業」の売却価格が下がるだけなのです。

政府が価格統制する企業へ、再建までも政府が関与しようとすると、
この「事業価値と料金」のジレンマに必ず直面します。
が、その混同に、高学歴であるはずのマスコミ・評論家諸氏や政治家諸氏は、気づこうとしません。

また、かんぽの宿の頃の不毛な議論に陥りそうで、今から憂鬱です。



スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hosiakari.blog34.fc2.com/tb.php/993-8a76a0de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。