FC2ブログ
ほしあかりをさがせ
山登り・サイクリング・星見・石仏探し 本命は何なのか、出たとこ勝負で行ってみましょう
プロフィール

デルタ

Author:デルタ
四十才代、三重北勢在住の技術者です。ちょっとだけ営業マンもしてました。
ネット上では、磨崖仏の研究家としてごく一部の人から認知されてる(らしい)。磨崖仏・星見・歴史小説創作については、本館のHPを見て下され。

他の任務:東洋的リバアタリアニズムの確立。
       日本まんなか共和国 勝手に観光大使

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自動WEBサイト翻訳(多言語)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

英国発 韓国経由‥‥
■「休眠預金」年300億円、政府が活用策検討
(読売新聞 - 02月15日 20:35)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120215-00000932-yom-bus_all

私にも身に覚えのある休眠口座。
たとえば就職、たとえば転勤といった、引っ越しとともに家賃や給与の振込先・引き落とし先でなくなったために、なんとなく残してしまう銀行口座が、みなさんにもあるでしょうね。
そうして、なんとなく残ってしまっている口座が、10年経過すると、基本、金融機関が自由にしてよい、という約款になっています。
考えてみたら、はした金のはずなのに、全国で足し合わせると、年に300億円も増えていくというのがすごい。

銀行にしても、口座の管理に要する費用が、残高の運用益より大きくなりがちで、休眠口座がやっかいでもある、というわけで、
「公正な」残高活用法に知恵をだそうという動機づけが働きます。

[READ MORE...]

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

右のポケットから左のポケットへ
国の借金、最大の1085兆円=国民1人850万円―12年度末見込み
時事通信 1月25日(水)2時31分配信
こういうニュースに必ず嵐のように起きる、意見に次のようなものがある。

(1)これは政府の借金なのであって、国民の借金でない。国民から見たら資産である
(2)日本の国債は、国内でほぼすべて消費できているので、何ら心配ない。

だから、増税などもってのほかという結論へ安易につなげたがる(というより、増税を忌避するための言い訳に使っているというべきか?)

が、いずれの意見も、考えが浅すぎると私は指摘しておきたい。


[READ MORE...]

テーマ:税金 - ジャンル:政治・経済

巨大産業って?
昨日、大阪に本拠のある会社が相次いで重要な発表をした。

<関電>業績予想取り下げ 原発の再開時期見通せず
毎日新聞 7月28日(木)20時25分配信

三洋電機の白物家電売却=中国ハイアールに―パナソニック
時事通信 7月28日(木)5時54分配信

原発といい白物家電といい、1970年代初頭から延々と続く巨大産業。
生活をある巨大な枠に画一化する巨大装置だった。
水道みたいなもの、と譬えればいいかな?
どこにいっても、同じ品質の生活を保障できる装置……。

が、今は、少なくとも日本では、家庭の在り方も多様化したし、産業にしても多様化した。
電気にしても、求められる安定度が、工場・産業ごとに異なってきている(バックアップ電源がどれだけあるか、電圧低下がどの程度許されるか等々)

とすると、画一化によるコストメリットが、今後見込めない。
停滞はともなうが、こういう構造や「画一化のための設備」を整理する時期が、今や来ている。


テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

すべては「事業継続」のために
明けて今日、6月28日
東京電力をはじめとする電力会社の株主総会が行われる。

昨日の朝日新聞の社説で、
東京電力の株主は、真の意味で株主価値を高めるために、原発を止めるべき、
との主張をしていたのだが、
それを見て、私は考え込んでしまった。

いつの間に、「株式」の定義が変わったのだろうか?と。
特に電力会社のように、地域が国内の一地域に限定され、職種も限定されている会社にあって、
会社の株主価値が向上することを狙って、株主になる人は、それほどいない。
もし、会社資産や利益率の向上を期待するなら、わざわざ電力会社を選択しないだろう。何せ日本には、上場会社がゴマンとあるのだ。

では、われわれは、なぜ電力会社の株を持っているのか、また電力会社はなぜ株式を公開しているのか
……結局、私は、こういう結論になる。

「この事業が健全に末永く続くように」と信じて、その資産の一部をシェアすることで、利益も損失も分かち合う、という、事業への共感……とまでいうと言い過ぎでも、事業の応援でなかったのか?
この事業がなくなったら困る、との思いから、事業体を支えるために、株を引き受けるのはなかったのか?

事業体が利益を確保することすら、「事業を継続するための必要条件のひとつ」に過ぎないのだ。
[READ MORE...]

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

時は、迫る
東電株主402人、原発撤退を提案
読売新聞 6月10日(金)12時53分配信

来る6月28日に東京電力の株主総会が開催されると広報された。
そして、毎年出続けている「原子炉廃炉」の共同提案についても、マスコミ各社が報じている。

ついにこの時が来た……。
今回を逃したら、商用原子炉を廃炉することは、永遠にできなくなるだろう。だいいち、東電の場合には、来年残っているかも怪しい状態だ。
あと3週……
都庁にもう一回檄文協力要請の手紙を書いてみようか。

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済